なんて半端な!友達のせいでムダ毛の処理が終わらなかった!

蓄えて不要なムダ毛を「処理しないとな」と思って、ムダ毛を抜いていました。脇の毛抜きってとっても時間がかかって、終わるまで大変なんですよ。せっせとムダ毛の処理を頑張っていた私ですが、やっと右側の脇が終わったなと思ったら電話がかかってきたのです。

もう結構遅い時間だったので、「誰?」と思いながら電話に出たら友人でした。一番仲良くしている友人から電話がかかってきて、その電話に出たのです。電話の内容は「失恋話」でした。どうやら付き合って1年になる彼にフラれてしまったらしいです。もうぴゃーぴゃー泣いていて、手が付けられない状態です。どうしたものかと思いました。1時間くらい話したら大分落ち着いて来たみたいで、興奮がどんどん冷めて行きました。ほっとしましたがそこからが長い長い、ずっと彼の愚痴を聞かされて、本当に疲れました。結局トータルで2時間以上電話をして「そろそろ寝るから」と切られました。

私はと言うとムダ毛の処理の途中だったのに2時間も付き合わされて眠いやら処理の途中やらで散々な気分です。彼氏と別れて辛かった気持ちは分かるけど友人にはもう少し相手のことを考えてもらいたいと思います。結局ムダ毛の処理は片方だけ終わらせて中途半端なところでやめました。また明日時間があるときにでも途中からの処理しようと思います。

旭川の脱毛サロンに関する情報をお探しならこのサイトがおすすめです
旭川で人気の脱毛サロンはここ

黒ずむ膝小僧、原因と解決

黒ずむ膝になったのは、、、

もう5年以上も前になりますが、その頃は病院での実習ということで、実習生としてとある病院に通っていました。

そこでの実習では、先生の治療場面を見学させてもらい、どういう風に考えてどうアプローチするのかというのを先生の近くで見せてもらっていました。その時の姿勢が問題で、その病院では必ず正座で見学するのが定例となっており、見学中は必ず正座しなければなりませんでした。時間としては短くても20分、長いと1時間近く正座しっぱなしでした。

病院のゆかは硬いコンクリートであり、直接正座しなければならなかった。

その実習は2週間と短い期間でしたが、1週間もすると膝が黒ずんできて、しだいに膝の皮膚が硬くなっていました。

私の場合の膝の黒ずむ原因は、硬いコンクリートに繰り返し正座することで膝の皮膚が擦れたり、圧迫されたことによる摩擦によるものだったんじゃないかと思います。

その後もしばらくは膝の黒ずみは残りましたが、クリームで保湿をしたり膝をつくということを極力避けることで徐々に薄くなりました。

現在は膝の黒ずみはまったくないです。

人によっては何にもしてなくても黒ずみやすい人もいるかと思います。

例えば、もともと皮膚が弱くすぐに後になり易い人など。

体質もあるかと思います。例えば、浮腫みやすいとか。

皮膚が弱い人には皮膚に負担をかけないようにマイルドな石鹸を使ったり、角質を取るあまりにゴシゴシこすり過ぎないように注意する必要があると思います。そして、やっぱり保湿をしっかりすること。

スペシャルケアとしてオススメなのが、お風呂上がりに化粧水を膝にもつけて、その後にラップして3分。

その後にボディクリームを塗る方法です。

毎日できない場合には週に1回でも行うことをオススメします。

家にある物で、ぜひお試しください。

脱毛の痛みを少なくする方法

脱毛はやはりできるだけ痛みを感じずにしていきたいというひとが多いです。

脱毛というと、痛みをともなうというイメージを持っているひとが多いためです。

たしかに脱毛の際には多少なりとも痛みを生じるものです。

しかしこの痛みというのは、とりうる脱毛手段によって大きく変わってきます。

たとえばレーザー脱毛とフラッシュ脱毛では、フラッシュ脱毛のほうが痛みが少ないです。

ですので痛みが苦手だというひとにはフラッシュ脱毛のほうがおすすめだということができます。

また、フラッシュ脱毛を扱う脱毛サロンによっても、痛みの程度は変わってきます。

これは導入されているフラッシュ脱毛マシンの性能や施術にあたるスタッフの技術に差があるためです。

ですのでこのふたつが揃っている脱毛サロンを選ぶことが大切になってきます。

こういったサロンとしておすすめなのは、ミュゼプラチナムです。

ミュゼというのはとりわけ高性能の脱毛マシンが導入されています。

また、スタッフの教育も徹底されていて、非常に質の高い施術を受けていくことができます。

こういったところから、痛みが苦手だというひとにはミュゼのような脱毛サロンがおすすめです。

また、家庭用脱毛器を使ってセルフ脱毛をしていく場合には、フラッシュ脱毛式の脱毛器がいいです。

フラッシュ脱毛式のものはとりわけ他の脱毛方式のものにくらべて痛みが少ないということで評価されているためです。

とくにデリケートゾーンなどの痛みを感じやすい部位にはおすすめです。